新櫓・小早船お披露目式「因島水軍まつり来年こそ開催を」

因島水軍まつり実行委員会(柏原功委員長)は9月11日、因島大浜町のアメニティ公園で、新調した櫓(やぐら)と小早船6艇の完成を祝うとともに、来年こそは因島水軍まつりの開催ができるように祈念し、お披露目会を行なった。

因島大浜町斎島(いむしま)神社の河野真也宮司らによる神事の後、因島村上水軍陣太鼓演奏があった。

柏原功実行委員長「来年は開催できる事を信じています」と挨拶

今回新調したのは、櫓と小早船6艇。尾道市への合併時造られた6艇に、新しく造られた6艇が加わり、12艇が小早レースで活躍することになる。

クラウドファンディングで集められた寄付金に加えて、保存会会費・会員による寄付金、ふるさと納税、宝くじコミュニティや日本財団「海と日本プロジェクト」助成金などにより、約1,980万円を投入した。

小早船は当時の船の再現にこだわり木造船で、それを造れるのは山口県上関町に住む船大工。およそ20年が耐久年限といわれる。まつり当初から活躍してきた船は老朽化しており、1艇数10万円かかる処分もこれからの課題になっている。

因島水軍まつりは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020年(令和2年)から3年連続中止となっている。

新小早船「こうじん」。地元因島大浜町斎島(いむしま)神社による神事が執り行われた。

櫓(やぐら)は2年前に完成。今回初めての披露となった。

ダイジェスト動画(16分10秒)

[ PR ]ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00