尾道地区保護司会「社会を明るくする運動」入賞作文【7】「あいさつは大切」

尾道地区保護司会(楢原幸伸会長)が行った第63回「社会を明るくする運動」作文・標語コンテストで表彰された作文を掲載する。

「あいさつは大切」

土生小学校六年 長尾愛香里さん

私が、明るい社会にするために毎日していることは、朝一番の挨拶です。朝起きたら最初に台所に行って、お母さんに、

「おはよう。」

と言います。そしたらお母さんも、

「おはよう。」

と、笑顔で言ってくれます。ここから、私の一日がスタートします。私が学校へ行くときも、必ず挨拶をします。通学路で会う人にも、必ず、あいさつをします。もちろん、学校から帰る時も同じです。

私が、一学期からずっとがんばっている挨拶があります。それは、学校に着いてすぐ、職員室や校長室に行って挨拶をすることです。まず、校長室へ行って、

「おはようございます。」

と、元気に言うと、校長先生も笑顔で、

「おはようございます。今日も、がんばろうね。」

と言ってくださいます。校長先生が居られないと今日は出張かなと思います。

そして、私たちの学校では毎週木曜日の朝に、縦割り班で校門に立って、登校してくる人や地域の人に挨拶をします。挨拶の仕方は立ち止まって大きな声でする土生っ子挨拶です。この挨拶が始まったばかりの時は、みんな挨拶はするけれど、立ち止まる人はあまりいませんでした。でも、今ではたくさんの人が立ち止まって大きな声で挨拶をしています。

また、私はピアノ教室でも挨拶に気をつけています。ピアノ教室に入る時には必ず、

「こんにちは。」

「お願いします。」

と、言って始めます。当たり前のことだけどきちんと挨拶をすればやる気が出るし、ピアノも上達すると思います。

逆に、当たり前の挨拶をしなかったら、やる気も出なくてピアノも上達しないと思います。もし、私が自分から元気な声で挨拶をしても相手に知らんぷりされたら、私は、「どうして、挨拶をしてくれないのかな」と、とてもいやな気持ちになります。一日を明るく過ごすためには、朝の挨拶が大切だと家族や先生から何度も教えられています。だから、私は、明るい元気な挨拶をしようといつも心がけています。そうしたら、周りの人も明るく過ごせると思うからです。

社会を明るくするために、まず挨拶からだと思います。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282