手作り鎧完成


跳楽舞ようの鎧が、1体完成しました。

兜がまだ出来ていませんが、今回はもう、時間が少ないので、簡単なもので済まそうと思っています。

夜間ということで、照明に映えるよう、キラキラと輝くように、アルミ箔で飾りました。
上手く照明に映えれば良いのですが?

あとはもう少し、細かい飾りをつければOKです。

胸の右側の、飾りに細工がしてあって、踊のおしまいに、パフォーマンスが出来るようにしています。

横の袖の部分と、真後ろが、のっぺりしていますが、ごちゃごちゃ飾るよりは、シンプルが良いかと思っていますが、どうでしょう?

反射テープで、文字や模様を貼り付けることも出来ます。

ズボンは白っぽいもので、上は白のTシャツということです。
多少模様があっても、よいそうです。

足元は、白の地下足袋ですが、参加者の足にあわせて、調達済みです。

刀の代わりに、点滅指示灯をかざして踊る予定です。

ピカピカ光って、目立つのではないでしょうか。

刀を作って、アルミ箔を貼ることも考えましたが、ありふれているので、取りやめて、
ライトサーベル風で、踊りましょう。


鎧の胴体が完成したので、
ついでに兜も、作ることにしました。

お楽しみに…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください