カフェ「すいれん」


府中市の「恋しき」に行きました。こちらの裏門から入ったところに、カフェ「すいれん」があります。

カフェのある「離れ」の前です。

たまには、本人の写真もアップしてみましょう。

少しラフないでたちですが‥。

カフェの中から、お庭が良く見えます。

雨に打たれたコケの緑が、ひときは風情があります。

この次は、予約して、放れの座敷で、会席膳を戴きながら、ビールを飲みたいものです。

大きなガラス戸は、今でこそ珍しくありませんが、昔にこれだけのガラスは、さぞ高価だったに違いありません。

顔を動かすと、ひずみのあるガラスを通して、庭の木々も揺らいで見えます。

まるで時の流れも、揺らいでいるような‥‥。

「 雨に打たれた

木々の緑が

昔ガラスと時の流れに

揺らいで

現代(いま) 」



見所は、随所にありますが、私が気に入ったのは、2階の壁にある細長い小さな窓です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください