田坂真吾 吹きガラス展


平成18年3月21日→27日(火)まで、天満屋福山店6階アートギャラリーで、生口島ガラス 田坂真吾 吹きガラス展が開催されているので、観に行きました。

最終日は午後4時閉会だそうです。

今日は、祝日と言うことで、多くの来場者がいました。

作者の田坂真吾さんのメッセージです。

「窯から取り出したガラスは、
真っ赤な熱い火の玉で
そして柔らかい生き物のようです。

そのガラスに息を吹き込むと
いろいろな姿になって固まっていきます。

作り手のいぶきを受けて
ある瞬間に結実したガラスの形が、
厚みと重みをそなえながら
親しくも頼もしくて、
潤いのある日用の器になってくれたらー。

そんなガラス作りを
じっくりと楽しみながら、
続けていきたいと願っています。」

展示即売形式なので、常連さんは、お気に入りの作品を見つけては、購入して楽しそうにお持ち帰りしていました。

入り口の正面に展示してある作品が目を引くのでしょうか、展示作品を数点お買い上げの方もありました。

可愛い花入れですね、気に入りましたが、実用的な、ワイングラスをペアーで購入してきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください