ゼンマイ式掛時計分解掃除


久しぶりに、ゼンマイ式掛時計時計の分解掃除を行いました。

最近では、電池のクオーツ式になり、正確で手間が掛からないのでゼンマイ式を使う人が減ってしまい、修理もあまり来なくなりました。

機械を時計の木枠からはずし、ばらばらに分解して、歯車を一つ一つ洗浄液の中でブラシで洗います。

歯車のホゾが入る穴が、磨耗で大きくなっているところを、たがねを使って修正します。

乾燥させて、元のように組み立てます。

組み立てるとき、歯車と歯車のタイミングと組み合わせを調節します。

あわせマークを打って置くようにしています。

歯車・ゼンマイ・カム・バネなどに、それぞれに合った油をさしたり塗ったりします。

つけすぎも良くありませんが、腕時計ほどシビアーではありません。

機械を木枠に固定して、微調整を行います。

時打ちの音は、バネの強さで調整しますが、今回の時計は20年以上使っているのでゼンマイが弱くなっており、音が小さくなりますが、弱めに調整しました。

最後に振り子の片振り調整を行って、針をつけて、時うちの数を確認して終了です。

4~5日動かして、止らなかったり時間が狂わなければ、お引き渡しです。

最近は取り付けにお伺いすることが多くなりました。

ゼンマイ式の掛時計の修理料金は、5.000円から1万円程度です。

移動中に破損することがありますので、振り子をまずはずしてから、柱からはずして下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください