尾道市因島・瀬戸田地域の週刊新聞
記事

交通

しまなみ海道 2017年度ゴールデンウィーク交通渋滞予測発表

本四高速は、ゴールデンウィーク(4月28日~5月7日)10日間の交通渋滞予測を発表した。しまなみ海道(西瀬戸自動車道)は次の通り。 5月4日(木) 【上り】大三島IC→尾道大橋出入口(向東BS付近)13時~19時。ピーク …

鏡浦町と外浦町間 片側通行可能

6月に西日本を襲った大雨の土砂崩れにより通行止めとなっていた、水軍スカイライン鏡浦町と外浦町間県道は9日、仮設のガードレールなどを設置して、通行が可能になった。 崩落場所のうち2ヶ所には信号機が設置され、片側通行ができる …

連続する交通死亡事故 現場で警察が点検活動 因島警察交通課長に聞く

因島警察署は14日因島、17日瀬戸田で、交通死亡事故多発警報発令に伴う交通安全出動式を行なった。 19日、死亡事故が発生した因島大浜町、因島土生町、因島田熊町の三つの現場で、点検活動を行なった。運転者と歩行者の動きを再現 …

交通死亡事故多発警報発令 街頭で呼びかけ

尾道市は12月22日、交通死亡事故多発警報を発令し市内各地で平谷祐宏市長を先頭に街頭で呼びかけを行なった。 平成26年2月から12月、市内で5件の死亡事故が発生している。2月28日瀬戸田町、3月7日美ノ郷町、11月24日 …

秋の交通安全運動 因島警察交通課長に聞く「予測とゆとり持って」

秋の全国交通安全運動(21日~30日)の基本は「子どもと高齢者の交通事故防止」。重点は次の3点におかれている。 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止 全ての座席のシートベルとチャイルドシートの正しい着用の徹 …

尾道大橋無料化 4月1日から

 県と県道路公社は12月26日、4月1日0時からの尾道大橋の無料開放を発表した。また本四高速(株)は同日4月1日以降の尾道大橋の延伸部の料金を徴収しないことを発表した。

電気自動車 因島めぐり

EV車(電気自動車)に乗って因島をめぐるポイントラリーが19日(月)午後1時、万田発酵(株)を発着点に行われる。 使用されるEV車は、マツダデミオ、三菱新型軽トラMiEV、三菱ミニキャブMiEV、日産リーフなど9台。 ま …

9月20日はバスの日 身近な公共交通機関 利用拡大に様々な工夫

 9月20日は、日本でバス事業が始まった記念日である。1903年(明治36)京都市で最初のバスが走った。因島地域のバスは、創業が市政施行の一年前の1952年(昭和27)。今年が60年目の節目となる。尾道市や三原市と異なり …

因島東部海岸を走る三浦線バスの説明会 市が日・祝運休提案

因島中庄町(入川橋)~因島鏡浦町~因島椋浦町~因島三庄町(千守)と因島東部海岸を走る三浦線バス=写真=の日・祝運休についての説明会が6月23日鏡浦町、24日椋浦町で開かれた。 このバス路線は尾道市が運行しており、平日7往 …

9月20日バスの日「千円高速」の試練 利用拡大に様々な工夫

9月20日は、日本でバス事業が始まった記念日である。1903年(明治36)京都市で最初のバスが走行した。因島地域のバスは、創業が市政施行1年前の1952年(昭和27)。今年で59年目になる。尾道市や三原市と異なり、市営で …

芸予観光フェリー因島―伯方島 5月末で廃航

尾道市、愛媛県今治市、上島町などが出資する第三セクター「芸予観光フェリー」(本社今治市)が今月末で因島―伯方島間の旅客フェリー航路を廃止する。乗客、輸送車両の減少や原油高騰が要因。 因島・土生港から上島町の生名島、弓削島 …

NPO法人さざなみ・オレンジ作業所にワゴン車の贈り物

NPO法人さざなみ・オレンジ作業所は24日、社会福祉法人・広島県共同募金会から、NHK歳末たすけあい義援金を使ってワゴン車1台の寄贈を受けた。 届いた車は、10人乗りのトヨタハイエース。色はシルバーメタリックで、車体には …

カテゴリー

バックナンバー

  • facebook
  • twitter
かわよしパソコンサービス
虎次郎は行く
因島空襲

ニシハラプラネッツ

株式会社ニシハラプラネッツ

環境設備の販売・工事・コンサルタント業務(尾道市因島重井町)

工場建設の高松建設

工場建設の高松建設

おかげさまで創業50年(尾道市因島土生町)

手打ち十割蕎麦とわり

手打ち十割蕎麦とわり

北海道産のそば粉ときれいな水で打った十割蕎麦をお出ししています。
◎福山市船町5-8
◎電話084-922-3293

PAGETOP
Copyright © せとうちタイムズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.