土生―生名―三原の高速船 新しく田熊町に寄港 11月の開始めざし桟橋設置

土生―生名―三原の高速船を運航している土生商船(弓場丞社長)は、因島田熊町寄港を11月にも開始する。それにむけて、因島モール護岸に桟橋を設置する工事に着手する。この工事は、ハローズ、ユーホーとの共同出資で総工費約3000万円。

便数は従来通り12往復。片道料金(大人)は、生名―田熊330円、田熊―三原1,000円、土生―三原が1,260円の予定。三原港最終便が午後9時10分から同10時ころに変更予定。

桟橋設置予定の因島モール護岸(ダイソー裏側)

桟橋設置予定の因島モール護岸(ダイソー裏側)

上島町と田熊町 利便性の向上へ

高速船田熊寄港の開始は、しまなみ海道の利便性を補完する海上交通の充実をめざしてきた土生商船の新しいサービスの開始となる。とりわけ上島町と因島田熊町の通院、通学、買い物の利便性向上が期待されている。

三原港から尾道総合病院(JA病院)や三菱三原病院などへの通院がしやすくなる。港から両病院への無料送迎バスが運行されている。三原市方向への通学者にも朗報になる。因島田熊町の場合、自転車で桟橋に向かい乗船することがいっそう容易になる。

上島町の住民にとっては因島モールなどでの買い物が気軽にできるようになると予想される。

土生商船の弓場丞社長は「車を使えない高齢者も気軽に出かけられるようにサービスを提供したい。これからも海上交通を充実させたい」と語った。

弓場丞社長(土生商船)

弓場丞社長(土生商船)

傍目八目(おかめはちもく)

瀬戸内海の島しょ部の集落は島かげの入江を中心に型づくられている。人の流れによっては荷車を利用したり、隣村に行くのは船を使ったりしながら今日に至ってきた。歳月の流れは早く10年ひと昔というが市町村合併などの国の施策などもあって市町の”型”の変化もいちじるしい。かつて尾道―瀬戸田―土生港(因島)―今治間の国鉄連絡船の航路があったことを記憶している人も少なくなった。

因島田熊町の内海造船が大手スーパーや銀行支店などが集って商店街(因島モール)が生まれたが、島内の商戦は一応おさまり、次なる商戦は対岸の上島四島が照準に当てられ、ハローズとユーホーの共同出資により桟橋を設置。11月から土生商船の高速船の航路延長を活用させ三原航路の活路をひろげる。

かつて卜部(うらべ)造船所として埋め立て地にドックを掘り造船所を設立。まぶたに浮ぶのは学徒動員で福山の誠之館中学の生徒が少年志願兵として出兵する級友をススキの穂の間から手を振る船の別れの場面である。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282