島の形が変る

因島土生町長崎地区界隈のスナックを二次会で梯子酒。昔日の面影をたどってみた。なにしろ、かつての「赤線(遊郭)」があった歓楽街が造船景気でにぎわったころ、下駄箱の履物を探すため一円札(今の一万円札)にマッチで灯をともしローソク変わりにしていたという酔狂が流行した―という世界大戦景気を話したところ「うそ」と若い衆に一蹴された。

もっとも、長崎のまちは夜も更けると路地の中にある歓楽街から酔っ払いが大きな声を出してわめきあっているのに出あうのが日常のならわし。それが、今は静まりかえって「猫も鼠も通らぬ有様」とタクシーの運転手は声を落す。聞くところによると「造船の仕事はあるが船価が安いので」と自分のことのように嘆く。

尾道―今治航路の鉄道連絡線が停船していた長崎桟橋も今は昔の話。敗戦後のピーク時には因島の昼間人口は約4万5千人だった。現在は3万人を下回っている。因南小中の統廃合を始め因島旧市役所跡、消防署の改築など課題山積、島の形が変る。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282