因島高校囲碁部 広島県大会団体戦2位 個人戦中国大会出場へ

高等学校囲碁選手権広島県大会が14日・15日、尾道北高校で行われた。

因島高校囲碁部は団体戦と個人戦に挑み、団体2位個人では3人の選手が上位入賞を勝ち取った。

団体戦の初戦は、主将・稲沢嶺、副将・田坂天、三将・松本和輝の3選手が尾道北高校に挑み、3対0で圧勝した。

続く決勝戦は、強豪広島学院高校と健闘したが敗れ、2位となった。

個人戦は、松本和輝3位妹尾悠樹4位、稲沢嶺5位と3選手は好成績を勝ち取り、中国大会の出場権を得た。岡野治季選手は、惜しくも次点の7位。

中国大会は12月19日・20日、鳥取県倉吉市で行われる。広島県代表個人戦出場者6人中3人が因島高校囲碁部という快挙である。

今大会で個人戦3位であった松本和輝選手(2年)は、中国大会に向けて次のように決意を述べている。

「中国大会は広島県代表での出場なので、これまで以上に練習を積んで臨み良い成績を残したい。小学3年生から三庄公民館で囲碁を始めて、高校で再びやり出した。楽しい。初めの一手はすごく緊張したけれど、尾道北高校に勝ってからは自信もって広島学院高校との決勝戦にのぞめた。」

次なる戦いへ棋力磨く

現在部員は8人。女子団体戦への出場も近い。

顧問・岡野司、田頭康男▽部長・妹尾悠樹2年▽稲沢嶺2年▽松本和輝2年▽岡野治季2年▽田坂天(たかし)2年▽巻幡恭輔2年▽上林恭子1年▽竹林環1年。

飛沫対策をして、囲碁に取り組む生徒たち

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00