因島文学散歩【17】土生港付近(因島土生町)

土生港付近(因島土生町)

(昭和50年くらいまでは)因島にも大正座のほかに白滝座、常盤座、聚楽館、大谷座と上映館があり、しのぎをけずっていたという。それがつい最近では、大正座と日立会館の二つになってしまい、いずれも檀上さんが経営していた。

いつか公演で来たというスリー・ファンキーズのサインが、中途半端な時の遡りをそそのかし、私は初めて足を踏み入れた映写室なるうす寒い空間に、しばらくたたずんでいたーー。

吉井勇の歌を刻んだ石碑の向こうから、私の乗るべき高速艇が近づいて来た。

老人をふり返ると、ふたりとも入れ歯を外した口をきっと結び、沖からやって来る船へ遠い目を向けていた。

今の普通紙複写に先立って一世を風靡した青焼きのコピー、すなわち湿式コピーをホッチキスで綴じたものが、頂いた資料の中にあった。「2因島大正座☆広島県因島市土生町古さを背中にお色直し」と書いてあるだけで、誰のどの本かもわからなかった。読んでみると、『時代屋の女房』が上映される…とあったので村松友視さんが著者だとわかった。「村松友視 大正座」と検索して、雑誌「太陽」の1989年2月号の記事だと知った。ただ、大きさが雑誌と違うようなので、さらに調べると『黄昏のムービー・パレス』(平凡社)という映画館巡りの本の第2章だった。

本連載第1回に掲載した「生名渡し」の歌碑の写真を載せて、今回もまた土生港付近ということにしておく。

(文・写真 因島文学散歩の会・柏原林造)

因島文学散歩【1】生名渡し(因島土生町)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00