因島で見た野鳥【16】ドバト

ユーラシア大陸に広く分布するハト目ハト科カワラバトの改良種で、家禽の一種、厳密には、野鳥ではない。全長30~35cm。野生化したものを神社仏閣・公園などで、よく見かける。

その帰巣本能を利用して、近年まで伝書鳩として、薬品の緊急搬送や情報伝達の手段として重用されていた。日本伝書鳩協会ホームページによると1千㎞離れた地点から、1割程度が、巣に帰って来るという。ハトと同程度の大きさの渡り鳥・キョクアジサシは、1年のうちに北極圏と南極圏を往復する。両者とも、想像できないほどの距離を、目的地に向けて飛び続ける。今どこいるのか(定位)、どちらの方向に飛べばよいのか(方位)が、分かっているとしか思えない。これらのナビゲーション(航法)は、同じなのであろうか?興味深い。ただし、伝書鳩は片道切符しか持たないが、渡り鳥は往復切符を持っている。

古くは、キジバトを「やまばと」と呼び、神社仏閣にいるハトを「塔(とう)ばと」と呼んでいた。これがドバト鳥名の由来とする説がある。「ハト」は、ハタハタと飛ぶことが語源との説がある。

(写真・文 松浦興一)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282