ふるさとの史跡をたずねて【94】小早川氏の墓(因島椋浦町)

image_print印刷用レイアウトを表示

小早川氏の墓(因島椋浦町)

一ノ城跡の北側、椋浦町内に小早川氏の墓がある。艮神社から西へ少し進むと、道端に説明板があるので、そこから畑の中に入ればよい。

五輪塔、一石五輪塔と「蒲刈小早川家先塋域(えいいき)」と書かれた碑がある。館跡もこの近くにあったと言われるが、その位置はわからない。北側の山の方だと思われるが特定できない。

因島村上氏は後年小早川隆景と密接な関係をもつが、この時期はまだ毛利家とは関係のない小早川氏である。その小早川氏が因島に来たのは外浦堂崎山で広沢五郎と大舘右馬亮の連合軍が敗退した後ということになるので、興国四年(1343)、北朝の年号では康永二年である。それ以後、地頭職や三庄領家職が与えられ、寛政二年(1461)頃まで因島を支配下に置いていたようである。その後は因島の村上氏の時代になる。

こう書くと、天授三年(1377)の釣島箱崎浦の戦い以降を因島村上氏の時代とする考え方との開きが気にかかる。仮に小早川、村上氏共存の時代があったとしても、少し長すぎるのではなかろうか。

(写真・文 柏原林造)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282