因島で見た野鳥【5】ニュウナイスズメ

全長14㎝で、大きさと羽衣は、スズメと非常によく似ている。スズメの頬には黒い斑点があるが、ニュウナイスズメには、この斑がない。「ほくろ」の古語である「にふ」がないことが、種名の語源であるとの説がある。

食性はスズメとほぼ同じだが、人里近くに生息するスズメに対し、ニュウナイスズメは林や森林を好むようである。主に北日本で繁殖し、冬は暖地に移動するとされている。

因島では、秋の短期間、雑草の実をついばんでいる小さな群れを見ることがある。渡りの途中に休息していたのかもしれない。

スズメの項で引用した「鳥獣調査報告第1号」には、スズメと同様に、ニュウナイスズメの食害についても詳細な調査結果が記載されている。もちろん、稲穂を食べているが、繁殖期には多くの害虫を餌にしており、スズメと同じく、農業に益していることもある。

(写真・文 松浦興一)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00