ふるさとの史跡をたずねて【91】黒雲母花崗岩岩脈(因島鏡浦町)

image_print印刷用レイアウトを表示

黒雲母花崗岩岩脈(因島鏡浦町)

小鏡城跡の北側下にある厳島神社は埋立地の堤防際にあり、海に接していたものであったという原形をよく留めている。その厳島神社の横を通って海岸に出て、ほどよく潮が引いておれば南に向かって歩く。そして右手の崖とその前の岩肌を眺めてみよう。

黒白の縞模様が100メートル以上にわたって続いている。右の方で黒白の間が広がっている。似た模様が鏡浦港の陸側にもあるようだ。桟橋近くから見ることができる。

さて、その縞模様だが、黒い方が古生層で白く見えるのが古生層に貫入した黒雲母花崗岩である。その白い層を近くから見ると、大小の黒い古生層が取り込まれていたり様々な隙間(晶洞)があったりして興味は尽きない。

実はここには、小学校5年の遠足で重井からはるばる歩いてきている。3人の先生に引率された120人ほどの児童が1時間ばかり放し飼いされてから、何事もなく全員無事帰ったのだから、やはり島の子供はすごかったと、今更ながら思う。

ほどよい形の岩の上に立って南を眺めると、椋浦の海岸段丘が見えるし、その背後には備後灘に向かって沈みこむ一ノ城跡の勇姿が印象的だ。その先端である白嶽ノ鼻のはるか向こうには魚島が霞んで見える。そのあたりは、備後灘ではなく燧灘ではあるが。

(写真・文 柏原林造)