因島総合病院だより【28】生活習慣病の運動療法

生活習慣病の運動療法

リハビリテーション科理学療法士 佐藤紗矢香

生活習慣病を改善するために、食生活と併せて運動を行うことはとても重要です。適度な運動を行うことで、血圧の低下、糖尿病の改善、脂質異常症の改善、肥満解消、ストレス解消、心肺機能を高めるなどの効果が期待でき、さらに動脈硬化や心臓病の予防にもなります。

運動療法は適切に行わないと効果がないばかりか、かえって体調を悪くしたり、思わぬケガをすることがあります。

病気によっては注意しなければいけないことがあります。

【高血圧】息をこらえてりきむような筋力トレーニングや寒い季節は血圧を著しく上昇させるので避けましょう。

【高脂血症】激しい運動は避けましょう。不整脈や狭心症を誘発することがあります。運動中に胸痛を感じたらすぐに中止し、かかりつけ医に相談しましょう。

【糖尿病】空腹時の運動は低血糖を起こす危険性がありますので控えましょう。運動は食後1~3時間の間に行いましょう。

【肥満】足首、膝、腰に負担のかかる運動は避けましょう。

運動療法が勧められない方もいますので、運動療法を始める前に、必ず医師に相談し、その指示のもとで行ってください。

運動療法の効果を得るためには、習慣として続けていくことが何よりも大切です。楽しんで続けられるように、一人ではなく、友人や家族も誘って話しながら運動したり、ウォーキングやサイクリングなら、いろんなコースを選んだりして運動を楽しんでみてください。

因島総合病院のリハビリテーション科は理学療法士4名・作業療法士1名・言語聴覚療法士1名が業務を行っています。

生活習慣病である糖尿病の運動療法は、患者様の状態に合わせて、運動指導しています。運動を習慣づけていただき、運動の効果を実感していただけるよう関わらせていただいています。糖尿病教育入院も行っていますので、気軽にご相談ください。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00