「インドネシアの新しい観光スポットの紹介」尾道市第16回外国人日本語スピーチ大会より

シャフィイル・アナムさん(インドネシア・因島鉄工グループ会社みやおか実習生)

皆さん、こんにちは、私はシャフィイル・アナムと申します。22才です。インドネシアの中部ジャワにある、デマクという町から来ました。現在、実習生として因島にある「みやおか」で、船のブロックの溶接をしています。私は今年8月にインドネシアへ帰国しなければなりませんが、できれば、もっと長い間、日本に住みたいと思っています。というのは因島の人々と会社の人はとても親切ですし、また一番大切なのは、私がたくさんの経験と技術を学ぶことができるからです。

最初、私は因島に来て、ビックリしました。因島はインドネシアの村みたいです。私は思った。「ここは本当に日本かな?」ちょっと信じられない。そして日本語も、ちょっとちがう。訓練センターで学んだ日本語より、もっと難しい。例えば、「いたしい」とか、「おらぶ」とか、「しゃくる」、「はぶてる」など、辞書を調べても、この言葉は書いてありません。因島弁は本当に難しいですね!

さて、今日、私のスピーチのテーマは「インドネシアの新しい観光スポットの紹介です。」みなさんインドネシアの観光というと何をイメージしますか?……

これはインドネシアの地図ですね。インドネシアの国土は世界で13番目で、日本の約5倍です。ジャワ・スマトラ・カリマンタン・スラウェシ・イリヤンジャヤなど、数えたら、全部で13466も、あります。島がたくさんありますので、島によって言葉や食べ物や文化がちがいます。また、それぞれの島に、いろいろな観光スポットがあります。

はじめに、みなさんに紹介するのは、ラジャアンパットです。ラジャアンパットはインドネシアの西パプアにあります。ラジャアンパットは美しく静かな場所です。ラジャアンパットには1504の島があります。ここには、いろいろな、魚とさんご礁があり、世界で一番人気のあるダイビングスポットです。また、もっとも有名なのは、日本語で極楽鳥と言うセンドラワシでカラフルな、とても美しい鳥です。パプアにしかいません。
次に紹介するのは、コモドの島です。コモド島のある、国立公園はフロレスにあります。ここには、277種類の動物がいます。みんなアジアとオーストラリアから来たものです。例えば魚や鳥やトカゲなどいますが、その動物はほぼ、絶滅種だから、国に保護されています。ここの一番有名な動物はコモドドラゴンです。このドラゴンは、体長が約3メートル、体重が約100キロの危険な肉食獣で世界で、インドネシアのこの島にしかいません。皆さん、コモド島に行かれる時は、このドラゴンにたべられないように注意して下さい。

コモドの他に、もう一つ皆さんに紹介したい、めずらしい動物がいます。それはオランウータンです。かわいいですね!このオランウータンの生息地はカリマンタン島の国立公園で3種類のオランウータンがいます。オランウータンは、約35年生きることができますが、オランウータンの数は毎年減少しているので、国に保護されています。皆さん、オランウータンの意味を知っていますか?「オラン」は「人」、「ウータン」は「森」。だから「森の人」という意味です。

最後に、もう一つの観光スポットを皆さんに教えたいです。それはロンボック島です。この島はバリ島の東となりにありますが、ここはバリより、もっときれいでいい景色です。これはロンボック島の写真です。ピンクビーチ、クテビーチ、リンジャニ山です。この島の自然は素敵で、美しいです。だから、ロンボックは私がもっとも、好きな観光スポットです。インドネシアには、皆さんが、きっと感動する大自然と動物と植物がたくさんあります。

皆さん、もしチャンスがあれば、どうぞインドネシアにいらっしゃってください。私がインドネシアでお待ちしています。
いじょうで私のスピーチを終わります。みなさん、ご清聴ありがとうございました。

(終)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00