村上正泰氏(因島田熊町出身)「医療崩壊の真犯人」出版 現場を知る元官僚が断罪

因島田熊町出身の村上正泰氏が10月30日、「医療崩壊の真犯人」(PHP新書)を出版した。表紙の帯には「現場を知る元官僚が語る霞が関・永田町の大罪」とある。村上氏は共著「高齢者医療難民」(PHP新書)をはじめ、「中央公論」や「エコノミスト」などで、日本の医療問題の現状を指弾してきた。昨年11月には、地元の芸予文化情報センターにおいて、医療・介護問題について講演会を開いた。

医療崩壊の真犯人 村上正泰氏

新著の「はじめ」で、執筆の目的を次のように述べている。 「正確な認識を欠いたまま時流におもねって転向をくりかえし、『懺悔』を行なってみたところで、表面的で浮ついた議論に堕してしまう。正しい処方箋を書き、それを確実に実現していくためにも、国民一人ひとりが現状の問題点とその原因について正確な認識をもつことが不可欠である。

村上正泰(むらかみ・まさやす)1974年因島田熊町に生れる。東京大学経済学部卒業。大蔵省(現・財務省)に入省。在ニューヨーク総領事館副領事、財務省国際局調査課課長補佐、内閣官房地域再生推進室参事官補佐、厚生労働省保険局総務課課長補佐などを経て、2006年7月退官。現在、日本国際フォーラム所長。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282