因島サティ解体始まる 近隣商店に説明会 跡地の利用は未定

昨年11月をもって閉店になった因島サティ(因島土生町)の解体工事が8日に始まり、13日には、建築主による近隣説明会がポートピアはぶであり、30人が参加した。説明会を開いたのは、建築主の(株)三栄の村上栄昭代表と(有)タクボ開発の田窪薫代表の二人。


内装解体・撤去がはじまった元因島サティ

挨拶にたった村上代表は「40年近くつづいたサティが11月で閉店となり、ビルを解体してさら地にすることになった。万全の体制を整えて工事をすすめたい」と述べ、跡地利用については「一、二の引き合いがあるがまだ決定にいたっていない」と語った。

解体工事施工は松尾建設(株)広島支店(本社佐賀市)で、5月31日までの予定で行われる。解体されるビルは、鉄筋コンクリート造、地上4階、地上23.2メートル、延床面積4336.88平方メートル。工事時間は、月曜から土曜の午前8時から午後5時まで。

参加した商店主からは、大型車輌の通行、騒音、粉塵、電波などについての質問がでた。施工主は、細心の注意を払って工事を行うことを約束した。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282