9月27日「本因坊秀策囲碁記念館」オープン

 因島が生誕の地である幕末の偉大な天才棋士本因坊跡目秀策をモデルに「虎次郎は行く」という題名で小説上・中・下巻を上梓。マスコミの取材を受けたり、各種団体からの講演依頼がある。


 秀策という人は、歴史上の人物であると同時に後代「碁聖」と仰がれる棋士であることはいうまでもない。だからといって小説は、人間の長所や立派さだけを描くわけにはいかない。主人公の弱さや欠点も丸ごと凝視する必要がある。そして人間としての秀策像に迫り、会ったこともない彼がどういう表情をしていたかなどと知った風に表現する。だが、天才といわれた秀策が成長する過程で囲碁の「棋理」に関する記述に入り込むことは許されないことは弁えている。
 9月27日には新設された「本因坊秀策囲碁記念館」がオープンする。ワラ葺き屋根の生家復元は建築法の規制から適わなかったが、間どりや土間は生家に残されていた見取り図のまま復元、鉄筋平屋建ての資料館には秀策に関する遺品などが展示される。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282