福田康夫首相国会施政方針 どこまで通じた「井戸掘りの格言」

 「井戸掘りて、あと一尺(約30センチ)で出る水を、出ないとやめる悲しさ」―碁聖・本因坊秀策の兄孫にあたる因島外浦町、石切風切宮創始者故桒原八千夫宮司から戴いた直筆の短冊である。年齢、職業をとわず心の中に思い当たる哲学的な意味深い金言である。


 18日の福田康夫首相の国会施政方針演説をテレビで聞いていたところ演説の結びで「井戸を掘るなら水が湧(わ)くまで掘れ」と、直面する国内外の諸課題に粘り強く取り組む決意を表明した。
 明治時代の秋田県農村リーダー、石川理紀之助の言葉を引用、どんな時もあきらめず結果が出るまで努力する大切さを国民に説いた。つづいて「進歩とは、厚い信頼でできた巣の中ですくすく育つ」という石川の言葉を紹介。国民と行政、政治の間に進歩を育む信頼という”巣”をつくりたいという訴えも胸を打つものが伝わってこなかった。
 昔は人間生活と井戸は大切な関係にあったが今の若い世代に井戸掘りの格言、ことわざがどこまで通じただろうか。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282