アサリの産地 尾道市「山波の州」2015年度ついに完全採取禁止

「春眠暁を覚えず」

春の夜は気温温暖で寝心地がいいため、つい夜が明けたのを知らずうつらうつらしていると鳥のさえずりが聞えるさまをうたったものらしい。寒気にふるえ上がった今年の冬も過ぎてしまえば春の恵みがいっぱい。

そんななかで近海のアサリの産地として唯一頑張ってきた尾道市の「山波の州」が2015年度、ついに完全採取を禁止することを決めた。江戸時代から続いた山波の州も自然破壊には勝てなかったらしい。

12年ごろから採取がむずかしくなっていたが、水ぬるむ春をひかえ尾道市内の5漁でつくる協議会の調査で漁獲対象サイズ(殻長3センチ以上)のアサリが確認できなかった。干潮時には最大面積18ヘクタールの干潟が出現。大潮時には1日約千人が潮干狩りを楽しんだのは夢のまた夢になりそうだ。

アサリの天敵は意外に多い。餌の植物プランクトンの増殖になる海中栄養物の減少。ナルトビエイやチヌによる食害などあげればきりがない。

水清ければ魚棲まず―ということわざもある。

(村上幹郎)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA