参院選で触れられない道州制

安倍政権は衆参のねじれ現象巻き戻しを今回参院選の題目にあげているが、どの政党も道州制導入に向けた基本法案にふれようとしていない。むしろ避けて通っているようで受け皿となる全国知事会までも「道州制が国民に十分理解されていない」と賛否両論。国と地方の協議の場をつくるよう強調している。


敗戦後、日本列島はアメリカなど戦勝国の占領下におかれ、マッカーサー将軍の方針は日本の都道府県をアメリカのステイツ(州)制度と考えていたと先輩記者から聞かされてきた。いまでいえば道州制にピッタリ当てはまる。

交渉に当たった吉田茂首相は焼土と化した日本列島の平和的再興には中央集権によるデモクラシー教育を力説。敗者が勝者を説得、都道府県制度がすすめられた。

その一方で6・3・3制の学校制度、農地改革などGHQの方針を押し付けられたが、平成の市町村合併で勢いづいたかに見えた道州制だが中央省庁の解体再編など地方分権を進める抜本改革を停滞させてはならない。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282