因島高校社会人講演会 地元で働く先輩が熱弁 1年全員に感銘与える

因島高校は1月31日、1年生94人を対象にした社会人講演会を開催した。「産業社会と人間」という授業の一環として、進路選択の意識を高めようと行った。講師は、同校を卒業し地元の様々な分野で活躍する9人。

dc020110


全体会の講演を行ったITMツーリストサービス(因島土生町)の松浦真博社長は、自らの体験に基づき、仕事をする喜びと仕事の大切さを語り、強い感銘を与えた。

分散会の地域コミュニケーション講座で講演した、本紙青木忠記者は、オリジナリティの大切さを強調した。

分散会講座の要旨

因島総合支所・白須雄介さん(市民の暮らしを支える)=税金の仕組みなどを説明。

因島消防署・田頭昇さん(市民の安全を守る)=チームでの仕事、協調性の大切さ、失敗のイメージではなく成功のイメージを持つ必要性を強調した。

万田発酵・松浦良紀社長(地元民間企業)=医療、農業、水産業の多分野をDVDで紹介。

市立重井幼稚園・柏原葉子さん(幼稚園・保育所)=絵本・エプロンシアターを使い、子どもにもどって楽しんだ。自分たちで野菜を育てて収穫し、調理し食べる経験を大事にしている活動の紹介。

因島医師会病院・看護師東梓さん(看護)=映像を使い、1日の仕事の流れを紹介。何故、その仕事が必要なのか、心がけていることは何かを説明した。

社会福祉法人若葉・副島基嗣さん(福祉)=障害者が社会の一員として働いていることを報告。「若葉」が経営している6事業所を紹介し、福祉全体を説明。

日本旅行三原支店・宮地洋樹支店長(観光・旅行)=他人に愛されること、必要とされること、ほめられること、役立つこと、すなわち人間力を身に付けることの大切さを説いた。物事をポジティブにとらえることの重要さを強調。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282