ヘルニア手術と幻覚症状(前)

右鼠径ヘルニアの手術を終え因島医師会病院を退院すると秋風が頬をなでて通り過ぎた。今年の残暑はことのほか厳しかったが時が変われば季節の移り変わりは肌で知らせてくれる。

季節だけではない。政局も国民の目にうつるほど変化。それに対応できていないのが政治・経済界。「命あるうちに最後のご奉公を…」と、80歳の東京都知事の座をけって国政に跳び出した石原慎太郎氏の思いに同調する国民は多い。戦後67年、米国の傘の下、理不尽な韓国、中国に対して日本の主張を展開できず、国土を守る気概を忘れ愛国教育までおろそかにしてきて久しい。「このままでは日本は沈没する」と憂う声の波高し。

話は自分のことで恐縮だが83歳にしてヘルニア手術のあと、幻覚症状。室内のライトを下げるとベッドが立ったり、天井から赤い羽根のハト位のコウモリがぶら下ったりetc。翌日の回診で、その話をしますと生活環境の変化でよくあることだ―と急遽対応。ことなきを得ました。この項次回に―。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282