因島で見た野鳥【80】キジとコサギ

キジとコサギ

キジとコサギは、それぞれ、本連載「因島で見た野鳥」③と⑰で紹介したが、今年5月に、両者が、たまたま、遭遇した場面を撮影したので紹介する=写真

「やあ、まだアベノマスク届いとらんねえ」

「うちらにも配達あるんかのう?」

「500億円近い予算で、”いまさら要らん”という人もおるし貰えるんじゃろ」

というようなことは話していない。近づく前に、互いに、危害を加える相手でないことを確認して、自分の道を突き進んでいるだけである。

鳥類の発声器官である鳴管とその周りの筋肉は、オーム目やスズメ目(鳴禽類)などでは発達しており複雑な声を出すことができるし、学んで鳴声を習得することもできる。鳴管が発達していない他の鳥類は複雑な鳴声を出さない。ペリカン目のサギなどは、「ギャー」と鳴くだけである。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282