地元県議新年の抱負

「若い世代が定住する町づくり」広島県議会議員 吉井清介氏

今日的政治テーマとして、昨年の災害復旧・復興、景気対策、人口減少問題、少子高齢化、医療、教育の充実など多くの課題があると受け止めております

特に、災害の復旧・復興については、未だにブルーシートや土嚢が積まれている現場を見るたびに、安全で安心して暮らせる町づくりに、今日まで以上に力を注がなければならないと痛感する次第であります。

若い世代の皆様が定住するためにも、雇用、定住の促進や、充実した医療連携や、良好な教育環境の整備は不可欠であります。

本年は、昨年の反省に踏まえ、皆様の声をしっかりと聞き、行政を通じて暮らしの中に政治が生きていることが実感できるよう、活動して参りたいと思います。

「生かそう地域の宝 しまなみ海道サイクリングロード」広島県議会議員 金口巖氏

昨年11月、尾道市と今治市を結ぶ「しまなみ海道サイクリングロード」が「ナショナルサイクルルート」に認定されました。今後は国からも全世界に向けて情報発信され、多くのサイクリストが尾道市を訪れ、地域の文化や人情に触れて楽しんで頂けると思います。

しかし、現状を見た場合「ナショナルサイクルルート」に相応しいか疑問もあります。確かに橋上から観る瀬戸内海の多島美、潮の流れ、織りなす風景は素晴らしいですが、道路、海岸公園等はまだまだ改善を必要とする所が沢山あります。

今後は広島県・尾道市を挙げて施設改修を行い、サイクリストを迎える必要があります。地域発展のため今年も頑張ります。

「平和で豊かな暮らし」広島県議会議員 高山博州氏

昨年は、ローマ教皇が38年ぶりに広島を訪問され、国内外に「あなたのうちに平和があるように」と核廃絶への行動を呼びかけられました。

戦争のない平和な時代が続き、皆さんの暮らしが豊かで幸福なものとなるよう決意を新たにしました。

一昨年の豪雨災害の復興は進みつつありますが今後も起こりうる大規模災害への備え、少子化、超高齢化への対応、国際化が進む中で誰もが安心して共生できる地域社会の創造など、取り組まねばならない課題は多くあります。

地域を代表する県議会議員の一人として、今年も皆さんの声を聴きながら、広島が希望に満ちたものになるよう、しっかり頑張ってまいります。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282