因島で見た野鳥【48】トビ

タカ目タカ科の一種で、因島で最も馴染深い猛禽である。全長はオスが59㎝、メスが69㎝の大形のタカである。タカ科では、トビ以外は尾羽の先端は凸型であるが、トビは凹型で広げると三味線のバチのように三角形に見える。体の上面は黒褐色で、飛翔中に見える下面は褐色で白斑がある。人の掌に相当する初列風切羽の基部近くの白斑が目立つ。ピーヒョロロ ピーヒョロロ…と鳴きながら、野原・市街地・海岸など至る所の上空で円を描いて滑翔している。主に屍肉を食べるがネズミや小動物も捕食する。

トビがカラスに攻撃されている場面をよく見る。トビのオスはハシブトガラスより一回り大きく、メスははるかに大きく、猛禽としての嘴や足爪を持っている。トビがカラスを攻撃すれば、カラスは敵わない。捕食者が現れると小鳥が群れをなして捕食者を追い出す行動をモビング(擬攻撃)というが、カラスの攻撃は、モビングに近い行動であろう。

(文・写真 松浦興一)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282