因島で見た野鳥【47】ミサゴ

タカ目ミサゴ科の一種で、因島では周年見ることができる。タカ類は一般に、オスよりメスの方が大きくて、ミサゴも、全長はオス58㎝、メス60㎝とメスの方が大きい。翼は細長く、尾羽は短い。殆どの鳥は、羽をたたんだ時には、尾部に羽の先端が来て、さらに後ろに尾羽の先端が出るが、ミサゴの場合は、尾羽は出ない。頭部が白く、過眼線が黒く、体の上面は黒褐色だが、下面は白い。ほとんど魚だけを捕食する。池・海の上空を、ゆっくりと円を描くように滑翔し、やがてホバリングで静止し、水面に直線的に突っ込み魚を捉える。

チドリ類の趾(あしゆび)は、3本であるが、スズメ目とそれに近縁の鳥類の大部分の趾は、4本で、第1趾は後ろを向き(後趾)、第2、3、4趾が前を向く(前趾)「三前趾足」形である(ギル・鳥類学)。枝にとまる時には、3本の前趾と一本の後趾で枝を掴む。タカ類も「三前趾足」であるが、ミサゴは、第4趾を後ろに向けることができて、魚を捕獲するときは、前後をそれぞれ2本の趾で「しっかり」と掴み放さない(離れない)。稀ではあるが、獲物が大きすぎても放すことができず、溺死することがあるらしい。「一芸は身を助け、多芸は身を滅ぼす」とも言われるが、「一芸」で身を滅ぼすこともあるらしい。

(文・写真 松浦興一)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282