因島で見た野鳥【42】ホトトギス

カッコウ目カッコウ科の一種、全長27.5cmの夏鳥で、カッコウ科では最小。頭部と体の上面は青灰色で、腹は白く、太くて黒い横斑がある。

筆者は、写真では未確認だが、初夏に、「特許許可局」と聞きなす特徴のある鳴き声を聞き、ホトトギスの渡来は周知なので、吉見良一氏の写真を借用し、ホトトギスを「因島で見た野鳥」に加えた。ホトトギスは、古来より歌人にはウグイス以上に人気があるが、ウグイスに托卵する「人道上」は許せない鳥でもある。

ウグイスが孵化した巣で巣立ちに至る割合は、27%(濱尾章二、おしどり夫婦でない鳥たち、岩波書店、2018年3月)、15個のウグイスの巣でホトトギスが托卵していた巣は1個(Masahiro Kato、神戸の野鳥観測、1988)であった。

これらを用いて、孵化した100個のウグイスの巣で試算する。巣立つ巣は約30個、その中の2個でホトトギスが巣立つ。1個の巣に、ウグイスは4~6個の卵を産み、ホトトギスは1個の卵を托卵するので、巣立つウグイスは約100羽以上、ホトトギスは2羽と推計できる。巣立ちに失敗した70個の大部分は捕食者による被害と思われる。托卵を見破ったウグイスは巣を放棄する。ホトトギスも托卵で子孫を残すのは容易ではない。

最後に、見事なホトトギスの写真借用を許可して頂いたご厚意について、吉見良一氏に謝意を表します。

文・松浦興一 / 写真・広島県緑化センターから借用(吉見良一氏撮影)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282