妙見山明徳寺(因島三庄町)17世晋山式に400人 山門改修を同時に祝う

因島三庄町の真言宗妙見山明徳寺で18日、山門落慶法要と第17世晋山式が行われ、400人が参列した。同寺院は、文安元年(1444)に建立されて570年余りになるとされる。6年前に第16世加藤隆雄さんが亡くなり、4年前に念願であった、山門の瓦の修復と晋山式の計画がスタートした。

因島、生口島、弓削島、尾道、御調から15寺院18人の僧正が出席。山門改修落慶法要があり、つづいて稚児行列が山門下から本堂まで行われた。

 

第17世加藤晃道さん(49)は新住職として、「ご縁と慈愛に感謝し、全力で精進してまいります。ひきつづきご指導を賜りますよう深くお願いいたします」と挨拶した。晃道住職は、因島三庄町に生まれ、中学1年の時に得度式を行い、仏門に入った。高野山高校から種智院大学と伝法学院を卒業し、滝打ちなどの修業を経て平成8年に地元に帰り、副住職になった。先代の死後、平成25年1月から住職を務めてきた。

第17世加藤晃道さん

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282