因島総合病院だより【31】リウマチ外来

因島総合病院リウマチ外来

広島大学病院リウマチ・膠原病科 徳永忠弘

2018年4月から毎週水曜日の午後のリウマチ専門外来を担当させていただいております、徳永忠浩(とくながただひろ)と申します。

これまで、関節リウマチは、だれしもに関節リウマチ患者の友人・知人がいるくらい”身近”な病気である一方、明らかな発症原因は不明で、さらに有効な治療法のない”難病”と見なされてきました。しかし、そんな”身近な難病”と呼ばれてきた関節リウマチの診療も、現在では、大きな発展を遂げつつあります。

関節リウマチの発症原因については、完全ではないまでも少しずつ解明されてきており、また内服薬・注射薬ともに、有効性の高いリウマチ治療薬も登場しています。残念ながら、病気を完全に”治癒”することは難しく、一生付き合っていく必要があることは変わりませんが、治療薬を継続する限り”治癒”したかのように症状を抑えられるという”寛解”を、多くの患者様が達成できるようになりました。そんなリウマチ治療薬を使うには専門的な”コツ”があります。因島総合病院のリウマチ専門外来では、適切なリウマチ治療薬を適切に使用することにより、関節リウマチ患者の皆様がより幸福感・満足感をもって日々の生活を送っていただけるようお手伝いしていきたいと考えております。

因島総合病院のリウマチ専門外来は毎週水曜日・木曜日の午後という週2日体制で設置されております。

因島医療圏の関節リウマチ患者の皆様が、わざわざ遠方の病院へ通院しなくても、なるべく”身近”な病院である因島総合病院で安心して治療を受けられることを目指しておりますので、気軽に受診していただければ幸いです。

とはいえ、リウマチは関節だけではなく、肺・心臓・腎臓・皮膚・眼など他の臓器の病気を合併する場合もあります。また、関節の手術を行うのが望ましい場合もあります。そんなときは、専門の他科の医師とも相談しながら診療を行います。また必要があればさらに川崎医大・岡山大・広島大などの基幹病院とも連携して、患者の皆様にとって最適な治療法を柔軟に選択していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282