統一地方選挙 ソフト面が争点

 かたかったサクラの蕾がパッと咲きそうな気配。そんななか各自治体は財政難を抱えての統一地方選挙を迎えた。


 造船城下町の因島。昭和28年の市制以来、代議士と県議は日立造船労組出身、市長は一般選出という仕組みになって民社王国とまで言われた。陳情政治の結果は功罪相半ばした。なかでも国・県道は隣接の御調郡向島町や豊田郡瀬戸田町に比べると建設の遅れが目立っていた。
 造船不況で日立造船が新造船建造を撤退”島が沈む”とまでマスコミに報道され、因島大橋開通でドッと繰り込んだ観光客が狭い道でUターンできなく”二度と行くまい因島”とまで書かれた。こうしたこともあって、選挙構図が変わり南北を縦貫する大山トンネルが開通、島内幹線道路のネックだった三庄町の県道拡幅、中庄町の県営奥山ダムも完成、因島北部地区の畑地120戸29ヘクタールの農業用水が確保できた。
 ハード面に対し観光文化のソフト面はいま一つ。選挙を通し市民の声に耳を傾ける必要がありそうだ。
(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282