瀬戸田檸檬菓子工房「パティスリーオクモト」シェフ奥本隆三さん(28)

瀬戸田檸檬(れもん)菓子工房「パティスリーオクモト」が11月27日、瀬戸田町中野に移転オープンした。店内にはレモンケーキ「まごころ」、レモンロール、レモンチーズなど瀬戸田レモンをふんだんに使ったお菓子が並んでいる。

シェフの奥本さんは、小学3年生の頃から母親とマドレーヌやシュークリームを作るのが楽しみだった。瀬戸田高校卒業後、「自分の好きな仕事につく」と決めて大阪の辻製菓専門学校入学。さらに神戸で7年間修行。店を出すなら生まれ故郷でと、妻と二人で2年半前にパティスリーオクモトが始まった。

「瀬戸田をレモンで元気にしたい」という願いがこもるケーキは、最初1週間100個の製造だったが今では3000個と好評。しまなみ海道瀬戸田PA、天満屋福山などにも卸している。「レモンのおかげで店を大きくできた」と感謝する。

シェフのこだわりは「瀬戸田とともにあゆむ店。菓子づくりのために1週間50キロのレモンをJA三原から仕入れる。生産農家との付き合いを大事にしたい。島外から訪れる人々に、地元で作ったものでおもてなし。その主力はこのケーキだ。」と夢を語る。

瀬戸田町名荷在住。休日には四国などに出かけ、その地域のお菓子を食べ歩き、研究に余念がない。

パティスリーオクモトのホームページはこちらからどうぞ。

【PR】創業をお考えの皆さん 尾道地域中小企業支援センターをご利用ください

創業支援総合相談会(相談無料・要予約)

【日時】
2018年12月18日(月)10:00~16:00
【場所】
尾道商工会議所
【対象】
◎新しく事業を始めようと考えている方
◎開業して3年未満で経営に関する疑問をお持ちの方
◎第二創業や新分野への進出を検討されている方
【申込期限】
12月10日(月)
【支援機関】
尾道商工会議所、尾道地域中小企業支援センター、尾道市ほか

創業をお考えの皆さん
尾道地域中小企業支援センターをご利用ください!

◎開業のプランはどのように立てればいいのだろう?
◎開業するための資金を調達したい!
◎開業時に使える融資制度や補助金はないだろうか?
◎ITを使って生産性の向上を図りたい

新規創業の事業計画策定支援・資金調達計画書の作成支援・各種補助金申請支援などを行なっています。三原市や世羅町など近隣市町からのご相談もお待ちしております。

【お問い合せ先】
尾道地域中小企業支援センター(尾道商工会議所内)
〒722-0035尾道市土堂二丁目10-3
TEL0848-22-2165
FAX 0848-25-2450
担当マネージャー佐々木・村上(敦)