菅首相と参院選 

 孫子の兵法に「三十六計逃げるに如かず」という項目がある。国会は与党が本会議をボイコットして会期切れ。積み残し議案を廃案にして参院選に突入するという前代未聞の策。


 国民の目から見れば論戦をさけて逃げたと判断を下した人は多いと思われる。もっとも菅直人首相は一瞬に下落する世論調査を信じて形振(なりふり)かまわず政治決戦に臨んだ。背に腹は代えられぬ―とニンマリ笑った菅さんの顔は国民をバカにしたように写った。
 鳩山由紀夫前首相の退陣劇により審議が2週間近く空転した。せめてその分の会期を延長するのが筋で国民新党の「一丁目一番地」である郵政改革法案のタナざらし、廃案という党首の約束違反をしないですんだかも。
 ともあれ、国民の関心は6月24日告示、7月11日投開票の参院選。しかし後をふり向けば成立した法案は59.9%で過去最低。民主党が掲げたマニフェストも廃案や継続審議に追い込まれた。異例ずくめで閉幕した政治をどう評価すればいいのだろうか。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282