ふるさとの史跡をたずねて【12】岡野明神(因島田熊町中区)

岡野明神(因島田熊町中区)

岡野明神と藤原神社へは浄土寺の鐘楼のところから山の方へさらに上がる。手前で右へ行けば馬の墓と島四国六十番横峰寺がある。

この辺りは釣島箱崎浦の戦いの古戦場で中庄茶臼山城主の弟、すなわち妙泰夫人の夫である大鳥宗義が亡くなった。

田熊岡野氏の祖とされる岡野対馬守通宗は元は今岡対馬守通宗と言った人で、この時ここで亡くなったと言われる。しかし、この人が没したのは天文六年(1537)霜月15日で、釣島箱崎浦の戦いから160年後のことであるから、話が難しくなる。

今岡通宗は、田熊の地を治めていて、うまくいかないので、地元の人と同じ岡ノ(丘の上のという意味)明神の氏子となり岡野通宗と改めたという。その真偽は定かではないが、この話から、因島への村上氏来島以降の地域のようすの一端が伺われ、興味深い。

今岡氏は河野氏の子孫だから、今岡の岡と、河野の野をとって岡野にしたという有名な話は、なぜ岡野かという非難に対して本人が答えたものか、あるいは後世の知者の創作かはわからない。

160年の差は、没した日が同じであることなどから伝承が混交したのか、あるいは別の二人の人物が同名で伝わったのかもしれない。何年も口承されたものが、後に記録されるような時代の話であるから、もとより正確は期しがたい。

(写真・文 柏原林造)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00