寺の苑われとボタンは傘のうち春の愁いのいつかほぐれる

味呑 泰子
 人によって花の好みは異なるが、一輪の花の中では、ボタンの花が花の王者のように言われている。昔から奇麗な女性のことを指して「立てばシャクヤク座ればボタン歩く姿はユリの花」と俗謡的に言われているとおりに美しい花である。


 この近くには、尾道市内にある天寧寺がボタン寺と呼ばれており、多くの人が鑑賞に訪れる。日本全国にはボタン寺、サツキ寺、アジサイ寺など、その季節に似合った花を咲かせている代名詞で呼ばれ、観光名所としている寺社仏閣はどれほどあるだろうか。
 また、秋にはハギ寺、モミジ寺、キク寺などがあるかも知れない。いずれにしても、お寺さんの庭や敷地内にボタン苑を造るのは大変である。寺の住職さんの理解と檀家の人々、地域の人々の協力があって続けられる。
 この歌の作者は、花好きな人であろう。人には色々な好みがあって、玄関や庭先にどんなに奇麗な花を咲かせていても、知らんぷりで帰る人もおれば、そこに咲いている花が恥ずかしくなるほどに、矯(た)めつ眇(すが)めつ見て褒めていく人もいる。人それぞれで世の中は面白いのである。「今日はいい天気だ、天寧寺のボタン苑もいいね」、ぶらりと、来たのである。あまりにも美しく、己れが春とばかりに咲き溢れているボタンの花、花芯の底の紅と縁どりの紅、真っ白のもつ清らかさ、花花花にうっとりと見惚れながら「今の私はボタンの花と二人連れ、どう似合うでしょ」。遮光用の傘をくるくる廻しながら見巡っている。この歌の中の「春の愁い」とは身上的な心配ごとではなく、一寸した情緒的ないわゆる軽い気分的な「もの想い」である。
(文・池田友幸)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00