高校受験案内【1】因島高校 総合学科の特色を生かす 進学実績に努力の跡

 因島高校(岡本卓也校長)・全日制(337人)は平成11年以来、総合学科校としての実績を積み重ねてきたが、安定した力が定着したとの評価が高まっている。平成18年度卒業生の進路状況から見てみよう。


 まず4年制大学の合格者はのべ47人。そのうち国公立は、山口大教育学部、徳島大学工学部、県立広島大、市立尾道大、市立下関大の5大学7人。私学は、関西学院、関東学院など18大学40人。短期大学は、福山市立短大をはじめ13大学20人である。
 専門学校は、看護・医療系20人をはじめ35人。就職は、公務員2人、地元造船業など民間に35人である。
 進路状況に関する学校の評価は、生徒の進路希望にあわせて授業を行う総合学科としては、バランスよい結果が出ている。つまり大学、専門学校、就職が、4、3、3の割合になっている。
 さらにその上で、大学進学はまだ伸ばせると期待が膨らんでいる。
 総合学科の特徴は、それぞれの生徒の進路に合わせた「教科選択」と「少人数学習」にある。理解できるところから丁寧にしかも、大学入試や就職試験に対応できる質の高い授業を実施。次の4コースがある。
 人文社会系列 国語・英語・社会科目中心の学習をし、文系大学や専門学校への進学をめざす。また公務員や一般企業への就職をめざす。
 自然科学系列 数学や理科の科目を主に学習する。理系の大学、専門学校のうちの看護学校や医療関係への進学をめざす。また就職もできる。
 生活科学系列 福祉関係の科目を重点的に学習する福祉コースと生活科学科目(家庭科科目)を学習する生活科学コースに分かれる。
 工業テクノロジー系列 工業関係の基礎科目や、現場での作業に必要な技能の習得をめざす。主に、島内外の企業への就職をめざす。大学・専門学校への進学も可能である。
 総合学科である特色を生かした「課題研究」も評価が高い。3年生全員がいわば卒業論文作成として取り組み、全校生徒や保護者の前で発表し、優秀作品は県コンクールに出品する。
 生徒の志望にそった体験授業にも力を入れている。就職希望者には、企業への就労体験、進学希望者には大学のオープンキャンパス参加を、それぞれ必須としている。
盛んな課外活動
 クラブ活動は運動部、文化部とも盛んで、入部率は82%。学校あげて指導に力を入れている。
 運動部は、ずばぬけた成績を残すクラブはないが、県大会への出場など健闘している。文化部では、美術部の活躍が目立つ。市美術展での受賞をはじめ地域での活動は好感を持たれている。5年ぶりに県コンクール銀賞受賞した吹奏楽部も活発だ。
 施設という面で恵まれている。平成14年に落成したキャンパスは充実している。
 普通教室棟には、20室の普通教室と図書館、特別教室棟には、介護実習室、語学情報室、情報処理室、プラネタリウムなどがある。
 60台のコンピューターが導入されており、授業や検定に向けた補習・独習に活用されている。
 課外活動のための施設も恵まれている。トレーニングルーム、体育館、広いグラウンド。近くには運動公園と勤労者体育館があり、クラブ活動にも利用されている。本館3階の図書館には4万冊を超える蔵書がある。
 海外語学研修が毎年実施されている。夏休みの2週間、オーストラリアに生徒を派遣し、ホームステイをしながら、語学力のアップと国際感覚の習得に取り組んでいる。
 岡本卓也校長は「学校が安定してきた。地元の高校で、自分の希望する進路の実現が可能であるということを知ってほしい」と強調する。島内外の中学校への広報にも意慾的である。中学校向けの学校便り「架橋(かけはし)」を発行。学期に一回行われる中学生と保護者への説明会にも、いつになく熱がこもる。
 今年度の入学試験には例年になく受験生が増え、地元高校志向が強まっているのではないかとの、見方が多い。学校側は一年だけの結果では評価を確定できないが、そうであることを望んでいる。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00