三庄空襲 沖縄疎開者が犠牲 城間尾道市会議員現地訪問

昭和20年7月28日の米軍による三庄空襲で沖縄疎開者が犠牲になった現場を20日、沖縄県那覇市にルーツのある城間和行尾道市議が訪問した。

議員を案内したのは空襲調査をつづける青木忠さん。雨の中、69年前の悲惨な状況を説明した=写真

その場所は、因島三庄町七区の旧備後クラブのすぐ下。一発の爆弾で3軒の家屋が崩壊し、沖縄戦を避けて疎開していた沖縄の学童ら多数の死傷者が出た。

自らの家が全壊した大田(旧姓山崎)しどりさんは中学3年の時の作文「忘れられない思い出」にそのことを描いた。

「私の家の隣は、一家六人生埋めになり、死んでしまった。おばあさんだけ生き残り、写眞を見て狂気のように町を泣き乍ら歩いていた。」

地元では、この家族は沖縄から疎開してきた「ナカソネ」一家であると言われている。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282