老馬の智、用うべし

今年の正月3箇日(さんがにち)は土日がつながり大型連休になったサラリーマンは多く、たっぷり充電できたことでしょう。

今年は「甲午歳」。甲は殻、午はさからう(殻を破るも抵抗強しの訃)熟慮断行をすすめたい。1930年生まれの午歳といえば庚午(こうご)で産経新聞社入社は昭和28年組。俵孝太郎や故萌子ら。先輩では司馬遼太郎がいた。その中の一人に関西で頑張ってきた政経評論家泉和幸の年賀状がふるっていた。「老馬の智、用うべし」と斉・桓公が大軍雪路に愛馬の鞍をはずして帰還した例をあげた忠告、胸打たれる。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282