ラガール瀬戸田跡地 駐車場に被爆レンガ ひっそりと10塊並ぶ

原爆が広島市に投下されて、まもなく68年を迎えようとしている。しまなみ海道全通1カ月前の1999年4月にオープンした、レストランと土産物の「ラガールせとだ」跡地に被爆レンガ10塊が、ひっそりと並んでいる。

「ラガールせとだ」跡地に被爆レンガ

そのひとつに付けられた銘板に次のように記されている。

「このレンガブロックは1910(明治43)年頃、倉庫として広島市宇品駅のそばにレンガ造りで建てられた一部です。1945(昭和20)年8月6日、原爆による被害(爆心地より約4・6キロメートル)を受けました。1997(平成9)年、道路の建設のため撤去されましたが、このレンガは被爆建物の一部として、後世に平和の尊さを伝えるためモニュメントとして保存するものです。」

被爆レンガを広島市から運送し設置したのは、当時ラガールせとだの経営者であった村井圭一さん。開店時に駐車場側に置いた。

村井さんは、「広島県の瀬戸田町を訪れる全国の人に被爆建物の一部を見てほしかった。また平和教育に役立てばと思った」と述懐する。

しまなみ海道全通記念絵画展のために瀬戸田町を訪れた平山郁夫夫妻が同店で食事した際に、被爆レンガを案内したという。現在の所有者は有限会社アルファー。

同町の地蔵院境内には、平山郁夫さん揮毫(きごう)の原爆慰霊碑がある。原爆60周年にあたる2005年8月、瀬戸田町原爆被爆者之会が建立した。

「ラガールせとだ」跡地に被爆レンガ

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282