ふるさとの史跡をたずねて【249】ガソリンポンプ等寄付碑(尾道市因島重井町公民館)

ガソリンポンプ等寄付碑(尾道市因島重井町公民館)

前回の消防喞筒(ポンプ)は人力ポンプだと思うが、昭和4年にはガソリンポンプもあったことがわかる石碑が重井公民館の東側駐車場の入口にある=写真

昭和4年12月に建てられたもので、中央に「ガソリン喞筒及警鐘台寄付録」と書かれている。その隣には「一、金千円村費補助」「一、金千七百五十円寄付」とあり、寄付者は百円が12名、五十円が11名で合計金額と合う。石碑にはさらに、消防旗の寄付者一名と世話人6名の名前が記されている。

昭和4年にガソリンポンプを購入したのは画期的なことであったのだろうが、これは村で唯一のもので、村内のそれぞれの地区には、人力の消防ポンプが設置されていたものだと思う。というのは昭和30年頃に、私はその人力の消防ポンプの一つを見たことがあり、その後ガソリンポンプに変わっていったのか、それが最後だったからである。

その昭和4年に購入したガソリンポンプは見たことはないが、この時建てられた警鐘台というのは、善興寺参道の東側、現在の東側の駐車場にあって、小学生の頃よく見ていた半鐘台のことだろう。私の記憶では時報や災害時のサイレンが上についていたと思う。多少は補修されたものであろうが、昭和4年に建てられたものだと思っている。が、今は存在しない。

写真・文 柏原林造

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282