尾道市予算案4.2%増 造船危機対応策見られず(仮)因島南小建設事業費計上

尾道市は19日、2013年度当初予算案を発表した。一般会計は582億2000万円の前年比4.2%増。尾道市立大校舎建築などの投資的経費の伸びが、主な要因となっている。

新年度予算案で「造船2014年問題」への対応策がまったく見られない。それへの危機感が皆無で、海事都市推進事業・因島技術センター運営補助に1170万円が充てられているに過ぎない。

造船関連をはじめ製造業現場から「本当に仕事がない。どんな仕事でもとりにいく」とのうめき声が頻繁に聞こえてくる。海事都市を標榜する尾道市行政にその声が届いていないのか。

(仮称)因島南小学校建設事業に1億7641万円となっている。旧土生中体育館の解体・新築、進入路建設、校舎新築設計のためのものである。2014年度に開催予定の「瀬戸内しま博覧会(仮称)」に向けて、瀬戸田サンセットビーチ整備事業に2億9310万円。瀬戸田町の活性化に繋がることが期待される。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282