瀬戸田臨時会2日再開 三原合併一票差の再燃 議長辞職で捨て身の戦法

三原市へ合併するか、それとも現状のままか―と、2つの意見に分かれている豊田郡瀬戸田町。8月12日深夜になった臨時町議会で一票差とはいえ、三原広域合併推進協議会(任意協)への加入が否決された。ところが、あきらめ切れない柴田大三郎町長とコンビで三原広域合併を望む向山達夫氏が議長を辞職したことで、いったん終結していた合併問題が再燃するという事態が起きてきた。

ロスタイムで逆転図る攻防

三原任意協は瀬戸田町を外して21日に三原、本郷、久井の1市2町でスタートした。すでに事務局を三原市に設置「編入合併」という方針が出された。

そうした情勢の中で、瀬戸田町が編入を希望するなら関係する市町の9月定例議会まで待とうということでロスタイム扱い。

こうした背景から瀬戸田町の三原合併賛成派議員は向山議長辞職で一票差の逆転をねらった。その戦略を読みとった反対派議員とのせめぎ合いは会期延長の繰り返えし。議会人であれば議長職を望まない者はないはずだが、候補の調整すら進んでいない。

橋も対等合併も町長の思惑外れ

同町が三原合併を目指す理由だった「三原・瀬戸田架橋」は実現が難しいと藤田知事が発言。三原広域合併で「対等新設」にこだわっていたが事務局案は「編入」方式。久井町はすでにこの案を了承した。これから瀬戸田町が任意協に参加しても同町だけが対等合併になることはまずなかろう。こうした夢をこわす現状に町民の動揺もかくしきれない。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282