世界陸上メダリスト為末さん 因北小学校で走り方教室

因北小学校(楠見仁美校長)で10月26日、世界陸上男子400メートル障害銅メダリストの為末大さん(42)による「走り方教室」が行われ、正しいフォームとハードルの跳び方を学んだ。

はじめに5年生64人と6年生43人はウオーミングアップをした後、40メートルのコースに並んだハードルを何度も飛び越えながら、足の運び方などを練習した。

為末さんは「1つ目のハードルをぶち破るつもりで走れ」「目標を1つ決めて目をはなさないで走れ」「抜き足は横90度(犬がオシッコするみたいに)」などと指導した。

上達を実感した児童たちは、全員が次々とハードルを飛び越えていった。

最後の交流で、「ハードルを始めたきっかけは?」「いつから始めたのか?」「あきらめそうになった時どうしたか?」など、児童たちの質問に為末さんは1つひとつ丁寧に応えていた。

「走り方教室」は2013年から広島県教育委員会が毎年開いている。この日は、三原市本郷小学校でも為末さんの教室があった。

為末大(ためすえ・だい)1978年広島市佐伯区出身。世界陸上選手権男子400メートルハードル2001年(エドモントン)銅メダル、2005年(ヘルシンキ)銅メダル。オリンピックには、2000年(シドニー)2004年(アテネ)2008年(北京)3大会連続出場。現在は、スポーツコメンテーター・指導者などで活躍中。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00