商業圏の因北化にストップ? 因南24時間スーパー出店に動揺

因島の形(かたち)が変ってきているのを目で感じることが多くなってきた。なかでも斜陽化する因南3町の変化に目を疑う人も少なくない。

日ごろ日常生活に関係ない主婦の人たちにとってもショッキングなことらしい。かつて県東部で初めてという日立会館のエレベーター。尾道や福山から試乗に訪れた時代もあった。その会館も役目を終わり老朽化で解体され青空駐車場に。

戦後、造船城下町として好不況の波をくぐり抜けた因島。昭和の合併は7か町村が全国でも珍しい一島一市を誕生させた。平成の合併では近隣島しょ部との思惑が一致せず単独で尾道市へ編入。当面の合併協定事項は実現しつつあるようだ。

そんな折り、内海造船田熊工場跡地に大規模小売店舗「仮称=因島モール」の進出。商業圏が因南から因北に移る傾向の流れを変えようという計画に既存商店や一般住民を巻き込んでの生活スタイルに動揺を与えそうだ。

なにしろ、24時間営業という過去最大の出店は初めての経験を味わうことになる。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282