因島で見た野鳥【63】ジョウビタキ

ジョウビタキ(オス)

スズメ目ヒタキ科の一種で、全長14cmでスズメよりやや小さい。主に中国大陸で繁殖し、日本には冬鳥として渡来する。因島では農耕地、草地や人家の周りでよく見かける。

オス(写真上)は、頭が灰白色で喉が黒く、胸から腹にかけて橙色で、背は黒褐色。次列風切(羽)と三列風切の基部に白い模様(翼帯)があり、羽をたたんだ状態では、腰近くの白斑として目立つ。

メスは(写真下)、オスと同様の白斑があるが、頭も含め全体に淡い褐色で、オスとの識別は容易である。

オスとメスは、それぞれ別の縄張りを持ち、縄張り意識も強く、鏡やガラスに映る姿を縄張りへの侵入者とみなして攻撃することがある。縄張り内の同じ場所に何度も来るので見つけやすい。「ヒッ ヒッ」とか「カッ カッ」と火打ち石を叩いたように鳴き、「ひたき」と呼ばれ、オスの頭が「じょう」(尉:老翁の能面)に似ていることから、「ジョウビタキ」と呼ばれた。因島では、「もんつき」とも呼ばれている。

鳥類保護連盟富山県支部発行の「らいちょうNo.120」によると、2010年10月にロシア沿海地方で足環をつけて放鳥したジョウビタキ(体重17.5g)を、富山県支部が11月に富山県氷見市で回収し、ジョウビタキが約800kmの日本海を一気に渡ったことが明らかになった。氷見市で再び放鳥した時の体重は16.1gであった。ロシアで放鳥されて日本海に出る前に、多少脂肪を蓄えていたであろうから、正確には分からないが、3g前後の脂肪をエネルギー源にして日本海を渡ったと考えられている。

(写真・文 松浦興一)

ジョウビタキ(メス)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282