70年前の臨時ニュース

 「帝国陸軍海軍は本8日未明、西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり」―この臨時ニュースを聞いたのは70年前の10歳の時である。どこで聞いたか思い出せない。


 このハワイ攻撃以来、臨時ニュースといえば日本軍の戦果と一億国民の士気を鼓舞する戦時色が濃くなってきた。学校では「世界平和のため敢然と立ち向う皇国日本」と教え込まれた。敗戦後は無残な日本軍を切り口にした映像が多くの日本人の心をずたずたにした。高齢者が戦争を語りたがらない要因だが、このところ堅い口がゆるんだ傾向もうかがえる。
 この忠義を称える赤穂浪士の「忠臣蔵」をテロとかわりないといい、真珠湾攻撃を武士道を裏切る卑怯な行動―と非難する若者の声も無視できない。
 現代の臨時ニュースといえば地震速報だろう。大小にかかわらずどきっとする。記者時代に某首相がソ連潜水艦の日本海出没で「日本海に波高し」とオフレコで語ったことがあったが軍靴の足音にも敏感であってほしい歳の暮れである。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282