因島で見た野鳥【17】コサギ

ペリカン目サギ科の一種。全長61cm。

鳥類分類表に、「シラサギ」の名は無いが、ほぼ全身が白いサギ(コサギ、チュウサギ、ダイサギなど)を総称して、シラサギという。コサギは、最も小さいシラサギの意味で、サギの子供の意ではない。因島の水辺で、季節を問わず、最もよく見るシラサギで、留鳥である。

サギ科の鳥に共通しているが、嘴、首と脚は長い。嘴・脚は黒く、目は黄色。足指は黄色のソックスを履いているように見え、この点で、他種のシラサギと識別できる。

繁殖期(夏羽)には、長い冠羽と蓑状の飾り羽が目立つ。目先は黄色であるが、繁殖期を迎えた短期間のみ、いわゆる、婚姻色のピンク色になる。婚姻色のコサギも見たので、因島かその近辺で繁殖していると思われる。

留鳥とはいえ、日本で足環を付けて放鳥したコサギが、フィリピンで回収されている。昨日見たコサギは遠くへ飛び去り、今日見たコサギは遠来の別の個体かもしれない。

飛び立つ時や飛行中に「グワァー」と鳴くことがある。

(写真・文 松浦興一)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00