因島総合病院だより【34】検診に行こうよ!(医事課)

検診に行こうよ!

因島総合病院 医事課

病気の予防や早期発見のためには、健康診断がかかせません。

そこで因島総合病院では地域の「がん検診率100%」を目指し、広報活動に力を入れています。そして超音波診断装置をはじめ様々な医療機器を新しくすることで検診の受診率と精度を高め、専門医の高度な技術により都会と変わらないレベルの検査で健康のサポートさせていただいております。

昨年、小林麻央さん(34才)が乳がんでお亡くなりになりました。その直後は検診を受ける方がぐっと増えました。しかし月日がたつと検診の受診率が下がってきます。検診を受ける気持ちを持ち続けていただく事も大切です。

「自分は大丈夫!」「去年検診をうけて異常なかったし、体の不調は無いから健康だわ。」ではなく、例えば「誕生月には検診を受けよう!」と決めていれば忘れずに定期的にうける事ができます。

尾道市からは、健康診査・特定健診・人間ドック等の情報が広報やホームページに掲載されています。院内では、カープの新井選手の「40歳からの特定健診 必ず毎年受けよう!」のポスターを掲示し普及に努めています。

費用について、人間ドックは助成金制度があります。健康診査は、該当年齢だと自己負担金が安くなっています。特定健診は、自己負担8,200円相当の健診を無料で受けることができます。これらをうまく利用して、自身の健康状態について正確な知識を持ち健康を維持してください。

なお、事前の予約が必要です。詳細については電話にてお問い合わせ下さい。

因島総合病院医事課・健康診断窓口(電話0845-22-2550)

【PR】創業をお考えの皆さん 尾道地域中小企業支援センターをご利用ください

創業支援総合相談会(相談無料・要予約)

【日時】
2018年12月18日(月)10:00~16:00
【場所】
尾道商工会議所
【対象】
◎新しく事業を始めようと考えている方
◎開業して3年未満で経営に関する疑問をお持ちの方
◎第二創業や新分野への進出を検討されている方
【申込期限】
12月10日(月)
【支援機関】
尾道商工会議所、尾道地域中小企業支援センター、尾道市ほか

創業をお考えの皆さん
尾道地域中小企業支援センターをご利用ください!

◎開業のプランはどのように立てればいいのだろう?
◎開業するための資金を調達したい!
◎開業時に使える融資制度や補助金はないだろうか?
◎ITを使って生産性の向上を図りたい

新規創業の事業計画策定支援・資金調達計画書の作成支援・各種補助金申請支援などを行なっています。三原市や世羅町など近隣市町からのご相談もお待ちしております。

【お問い合せ先】
尾道地域中小企業支援センター(尾道商工会議所内)
〒722-0035尾道市土堂二丁目10-3
TEL0848-22-2165
FAX 0848-25-2450
担当マネージャー佐々木・村上(敦)